ジュエルビースト(Romancing)を倒したぞ!な話

プレイ日記
スポンサーリンク

タイトル通りで、それ以上はないのですが。

ぱぷれさんは、今まで一度もRomancingは倒せていませんでした。
実力が及ばないってのがもちろんあるんですけど、それ以前に「Romancingはむーりー」が基本だったからw

なんですが今回、ジュエルビーストのチャレンジ3まで、深く考えずにクリア出来ちゃったんですよね。
なので、頑張ればRomancingもいけるんじゃないかなぁ?と思って試行錯誤して、よーやく倒せたので浮かれて記事に残しとこうと思います。

チャレンジ3まで

チャレンジ3までの編成は、UH10を周回していた編成と全く同じでした。

フェルディナント、クローディア、ハンニバルがメイン火力で、ジャミルがRound 1の雑魚を掃討する担当(一人では無理だけど)で、バーバラが火力補助とアビリティでの攻撃サポートみたいな役割分担で。

クローディアの夢想三矢が面白いぐらいに強いので、突単体ボスにも充分使えるキャラになりましたねーえ。

フェルディナントとハンニバルは、ぱぷれさんちでは不動の突火力です。
何でって、強くてかっちょいいから。

この編成で何となく力押しな感じのまま、チャレンジ3まで討伐出来てしまったので、ふと考えてしまったのですよね……

あれ? もしかして、Romancingもいけんじゃね?

と。

Romancingへの挑戦

最初はチャレンジ3までの編成と同様のまま、とりあえず突貫してみました。

が、当然ながら結果は……

ぱぷれさん
ぱぷれさん

すいません、調子こきました。

このかえるさん、何が怖いって三連撃の最後に入る「たたきつぶす」ですね。
これが、素のまんまだと1,300を超えるダメージになったりして、そりゃあ一撃だね!という感じでした。

なので、最近ちまちまと作っていた打耐性+の聖石を、手持ちの兜に片っ端からおーん!
主防具もやろうかと思ったのですが、まだ2個しか作ってなかったので、とりあえずあるだけはセットして、残りは全耐性+のままに。

そして再挑戦するも……

ぱぷれさん
ぱぷれさん

つくづく見るのが嫌になる文字だ。

やっぱりRomancingはまだ無理かーあ、と思い、放置することしばし。
RS1キャラのメインでの3倍やってるし、そっちやるかーあと2日ほど周回していて、ふと気付きました。

そういえば連撃ってカウンターでキャンセル出来るよな……?

以前、アシュラ周回してたとき、ろっぽんのうでとかを、ポルカくんが火炎防陣でよくキャンセルしてくれてましたし。カウンターが挟まると、連撃ってキャンセルされるんですよね。
つまり、カウンタースタイルに攻撃受けさせて連撃キャンセルすればいーんじゃん!

ぱぷれさん
ぱぷれさん

もっと早く気付けとか言わないで。

そんなこんなで、改めて組んでみた編成。

火力は、フェルディナント、ハンニバル、クローディアの3人で。
タイガーシャークの先頭には常時カウンターのアビリティ持ちってことで、T260Gを。
あとは、間違いなくT260Gが2ターンぐらいで沈むだろうから回復を入れたかったのと、回復と強力なバフ技の水祭を使える海の主の娘を。海主娘は、Sスタイルのイラストが超好き。クローディアも実はSスタイルのイラストが好き。←

この編成で再度挑戦してみたところ。

ぱぷれさん
ぱぷれさん

あっさり。

割とすんなり、討伐出来てしまいました。マジか。

まとめ

今回は、突弱点の単体ボスという、ぱぷれさん的にはいちばん得意な相手だったはずなので(ハンニバル氏ばっか育ててるから)、ここで倒せなきゃまたしばらくRomancingはむりぽーとか思ってました。無事に討伐できてよかったです。

カウンター盾役+バフ・回復役+突属性アタッカー3人、という構成は、どうやら攻略サイトなどでも推奨される組み合わせみたいですね。

ぱぷれさん
ぱぷれさん

あとから知ったさ。

カウンター盾役にアルベルトを置いてパリイってのもやってみましたが、無効化出来るからいい感じなのだけど、連撃キャンセル出来ないので、たまに別なとこに「たたきつぶす」が被弾したりもする悲劇が生じました……。
極力、常時カウンターの技かアビリティを持ったスタイルが良いんじゃないかと思います。BPの関係もあるから、たぶんアビリティでの常時カウンター持ち突属性がベストってことですね。

・・・・・・いなくね??

まぁ、にんげんおとことか、リズとかポルカとかアウナスとかになるのかな?
もしくは3ターンまでなら使えて、なおかつファストなブラックのカモンベイビーとか。そのへんでしょか。

[追記]
打耐性ある方がいいわけだから、T260Gとかにんげんおとことかの方がいいのかもしれない、と思い至った。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc.
ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI

コメント

タイトルとURLをコピーしました