ビニール袋で作るくるみ珈琲ビスケット

簡単レシピ
スポンサーリンク

ぱぷれさんの、ちょっと摘んで食べるだけの簡単朝ごはんビスケット。

作り方は簡単で、材料もシンプルなので、時間のあるときに焼いて密閉容器に入れて保存しとります。
で、朝のコーヒーと一緒に朝ごはんにしてしまう、という。

今回はくるみ珈琲ビスケットにしてみたので、それの作り方です。

材料

材料はとてもシンプルに。

  • ホットケーキミックス・・・200g
  • ケーキ用マーガリン・・・50g
  • くるみ・・・お好みに合わせて(15~20粒ぐらい?)
  • インスタントコーヒー・・・大さじ2
  • 豆乳・・・大さじ3

ホットケーキミックスは、200gで小分けになっていることが多いので、それを1袋。ケーキ用マーガリンは100gで梱包してあるので、それを半分。
なるべく手が掛からないように、計量もしなくて済むようにしてます。

作り方

1.くるみを乾煎りして、砕く。

くるみをフライパンで乾煎りし、ビニール袋に入れて麺棒などで叩いて粗く砕きます。

ぱぷれさんの家では常にくるみを常備していて、毎日の夕飯のサラダに乗せて食べるのが習慣化しています。
基本的に、都城にあるタマチャンショップというお店のくるみを使ってます。

ぱぷれさん
ぱぷれさん
通販もあるけど、発送に時間がかかることがあるのでご注意を。

2.ビニール袋に材料を放り込んで、混ぜる。

ビニール袋の中に、豆乳以外の材料を放り込んで混ぜます。
ひたすらに外側から揉んでいると、そのうち粉とマーガリンが混ざってボソボソとしたそぼろ状になるので、キレイに混ざり合うまで続けます。

3.豆乳を大さじ1ずつ入れて混ぜる。

ビニール袋に豆乳を少しずつ入れて、さらに混ぜます。
今回は大さじ3の豆乳を加えましたが、くるみの量とかによって少し変動するかもしれませんので、ちょっとずつ様子を見ながら加えます。

袋の中で、生地が何となくまとまるぐらいまで加えるようにします。入れ過ぎるとビニール袋にべたべたと中身がくっついてしまうようになるので、そうならないように注意しながら少しずつ混ぜます。

4.160℃のオーブンで15分焼く。

生地が何とかまとまる程度になったら、丸めて潰した感じに成形して160℃のオーブンで15分焼きます。

今回は並べてみたら半分ずつしか天板に入らなかったので、半分ずつ2回に分けて焼きました。

まとめ

甘さ控えめ、サクサク感とほろ苦い感じのあるビスケットになりました。
朝のコーヒーのお供には良い感じだと思います。

実は母が脂肪肝に悩んでいて(普段の食生活は控えめでお酒も飲まないし、定期的な運動もしてるから改善点が少ない)、コーヒーに含まれるポリフェノールが効果的であるというお医者さんのお話を聞き、母の好きなくるみの食感を加えてコーヒーのクッキーとかビスケットとか作れないかなーあ?と思ってやってみたものだったりします。
効果があるかどうかは保証しませんが、まぁ朝ごはんとしては良い感じのものになったからヨシとする(๑•̀ㅂ•́)و✧

マーガリンの割合を増やすと食感がサクサクからホロッとした感じになりますし、豆乳の代わりにサラダ油を加えるようにすると今度はしっとりとした感じにもなります。ホットケーキミックスで作るとそんなに失敗することはないので、色々と割合変えたり混ぜるもの変えたりしてもそれなりに美味しくはなると思いますので、お試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました