「Local by Flywheel」の 502 Request Error対処法

Web
スポンサーリンク

WordPressのローカル開発環境は、2年ほど前からLocal by Flywheelを使っています。

試そうと思ったキッカケは、寝ブログのわいひらさんの紹介記事を読んだからなんですが、WordPressに限定しての開発であるなら、他ツールよりも圧倒的にLocal by Flywheelが使い勝手が良いのは確かでした。

WordPressローカル環境「Local by Flywheel」が有能ツールだったので良いとこ言いたい
先日、Wordpressローカル環境作成ツールの「Local by Flywheel」を使ってみたところ、控え目に言っても神ツールだったもので、つい良い所を紹介したくなりました。

ただ、WordPress以外のPHPやらMySQLやらもお仕事で扱わなければならないので、本当にWordPressに限られている場合以外は今でも私はXAMPPのお世話にはなっていますが。

ぱぷれさん
ぱぷれさん
WordPressだけとは限らないもの、お仕事は。

そして近頃はWordPress以外のお仕事が立て続けだったのでXAMPPメインで開発していたのですが、久しぶりにWordPressをちょびっとカスタマイズすることになってLocal by Flywheelを起動してみたところ、バージョン3.3.0へのアップデートが来ていました。

大人しくアップデートして、さぁお仕事しよ!と思った、その矢先。

502リクエストエラーでサイトが起動しない。

ぱぷれさん
ぱぷれさん
アップデートのたびに、この現象に遭遇してる気がする。

何度かわたわたなったことがあるので、対処法を備忘録としてまとめておきます。

Local by Flywheelの502 Request Error

Local by Flywheelの502リクエストエラーは、ツールを起動してサイトをスタートさせ、ADMINやSITE VIEWボタンをクリックしてもブラウザに画面が表示されない現象です。

The page you requested generated a server error and could not be processed.
If you continue to get this message after refreshing, try restarting the Local site.

If the error persists, check the Local Router Logs in Local by going to
Help » Reveal Local Router’s Logs.

サーバエラーで処理出来ず、表示されませんよーと言われてます。
更新しても続くようなら、ローカルサイトを再起動してね。それでも駄目ならローカルルータのログを確認してね!ということですね。

以下、そんなときの対処法です。

対処法1:ローカルサイトを再起動する

まずは、ローカルサイト単体で再起動してみます。

一旦、STOP SITEでローカルサイトを終了し、再度STRATしてみるだけです。
これで解消されるパターンも割とあります。最初のお手軽対処法です。

対処法2:Local by Flywheel自体を再起動する

ローカルサイトの再起動で解消されなければ、次はLocal by Flywheel自体を再起動します。
特にアップデート直後に現象が出る場合、アップデートしてそのままツールを起動するより一度起動して再起動させた方が無難です。

対処法3:ツール起動後、時間を置いてからアクセスするようにする

結構、これが解決法としては無難ではないかと思うのですが。

2019/11/18 02:22:36 [error] 6#6: *1 recv() failed (104: Connection reset by peer) while reading response header from upstream, client: xxx.xxx.xxx.xxx, server: papure.local, request: “GET / HTTP/1.1”, upstream: “http://xxx.xxx.xxx.xxx:xxxx/”, host: “papure.local”

こちらがローカルルータのエラーログです。
ローカルルータのエラーログは、以下のフォルダにあります。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Local by Flywheel\router-logs

エラーの内容は「アップストリームからの応答ヘッダの読み取り中にアップストリームの接続が途中で閉じられた」みたいな感じです。
アップストリームとは、クライアントからサーバ側へのデータの流れを意味します。つまり、Webブラウザからの要求に対し、サーバが応答しようとしたら何か途中で閉じられたわ!みたいな感じだと私は認識しました。

ぱぷれさん
ぱぷれさん
たぶん。あくまでも、たぶん。

なので、Local by Flywheelを起動しSITE STARTしたら、すぐにADMINやVIEW SITEボタンをクリックするのではなく、一旦ちょっと置いてからクリックする、という一呼吸を置くとエラーが発生する率ががくんと減りました。

まとめ

Local by Flywheelの502 Request Errorへの対処法は、

  1. SITE STARTしたら、一呼吸置いてからサイトにアクセスするようにする。
  2. それでも出るようなら、サイトをリスタートしてみる。
  3. さらに出るようなら、Local by Flywheelを再起動してみる。

という手順で大体が解決するのではないかと思います。少なくとも私は、これ以上の対処法を必要としたことはありませんです。

それでも解決しない場合は、ドメインの変更でも回避出来るみたいですので、そちらもお試しいただければと思います。

Local by Flywheelでサイトが起動しない!502エラーの対処法 | webico blog
こんにちは、katori@xxbicotです。Local by Flywheel、便利ですよね。最近使い始めたんですが、WordPressのローカル環境をこんなに簡単に、しかも複数入れられるなんてびっ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました